Poyonのアニメ批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽遊白書【28】「小さな強敵!鈴駒の秘技」

<<   作成日時 : 2009/08/25 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 暗黒武術会が開幕。実況は女性が担当しルールはほぼ無用。チーム戦(各5名)で最後に勝った人の数が多い方が勝者となる。気絶や場外は10カウント制。ルールは無用なので武器を使用しても殺しをしてもOK。垂金邸で賭けに参加したB.B.C.のメンバーも観戦に来ていて、それぞれが何処かのチームのオーナーになっている。ちなみに左京は勿論戸愚呂チームのオーナー。チーム戦なので対戦形式もお互いの大将が話し合って自由に決められる。なので1人、2人敗れても他の3名が勝てば勝者になれる訳だが。
 浦飯チームは人間界からのゲストなので会場では完全にアウェイ。まぁぼたんや螢子、静流も応援には来てはいるけど。でも実は観客も可成りの命懸けで観戦する必要があり、リング上の妖気の攻撃などで巻き添えを食らっても誰も責任は問われない。まぁ皆妖怪だから良いんだけど。
 浦飯チームの大将・幽助は未だ熟睡中。そして初戦は桑原と鈴駒が対決。ちなみにコエンマも霊界でウズウズ出来ず初めて人間界に降りて来て大会を観戦する事に。原作ではコエンマは人間界に入ると成人体型で身長が伸びて顔が若干イケメン系になる(おしゃぶりは変わらない)設定だったが、アニメ版は人間の前だけ成人体型になり、人間の居ない所では今までの小人体型のコエンマに戻る。つまり成人体型と小人体型が自由自在に可能。人間の前にだけ成人体型になるのは、小さいからと馬鹿にされるのを防ぐ為。どうして顔がこうも変わるのか・・・。でもコエンマ自身は小さい方がお気に入り。
 鈴駒はその小さな体を使っての素早い身のこなしを披露。何だか戦闘そのものが楽しそう。でも桑原も相当修行を積んだので鈴駒の素早い動きも見えている。桑原は確かに浦飯チームの中では1番最弱の部類かも知れないが、チームの中では1番と言っていいほどのしぶとさを持つ。鈴駒は霊気を纏ったヨーヨー「魔妖妖(デビル・ヨーヨー)」、桑原は霊剣を進化させた”霊剣二刀流”で対抗。でも自由自在に動かせる魔妖妖に桑原は苦戦。霊剣二刀流を使っても一撃も鈴駒には当てられていない。静流は桑原の姉なのに、桑原がどんなピンチに陥っても冷静。桑原は案外頭脳派だからな・・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幽遊白書【28】「小さな強敵!鈴駒の秘技」 Poyonのアニメ批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる