Poyonのアニメ批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽遊白書【106】「戦う親子!黄泉と修羅」

<<   作成日時 : 2010/01/22 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 唯一予選が終わっていないブロックで黄泉と修羅の親子決勝が始まる。でもやはり勝負は黄泉が圧倒的。修羅に負けを認めさせようとして黄泉が手を差し伸ばした瞬間修羅は反撃。最後まで諦めない精神を持つ。黄泉は本当に失明しているのかと疑いたいほどに修羅の動きを確実に読んでいる。修羅もスピードにかけては負けないんだけど。タフさは桑原並にあったり。
 修羅の連続エネルギー波「魔円咬(マエンコウ)」も黄泉は反衝壁で修羅の妖力を吸い取ってしまう。黄泉は技が微妙に幻海に似ている。でも修羅は黄泉の小さい頃の戦い方に凄く似ているらしい。そう言えば原作では首にリングを着けて敗者に番号を言わせるか相手を殺さないと外れない・・・という設定があったが、残酷性があったのかそれが省略。その為黄泉が修羅に番号を言わせるって事がなくなり、修羅が敵わないと悟って降参するだけに止めている。言ってみれば暗黒武術会よりかは遥かに平和的。幽助が主催者って言うのもあるけど、出来れば死者を1人も出したくはないのは人間界で魔族の幽助らしい。
 コエンマは魔界の長に興味があって観戦に来ていたが、それは建前で本来は祭り好きのコエンマだからこんな祭り的なイベントにどうしても参加したかっただけらしい。
 そしてトーナメントの本戦が始まりまずは幽助が1回戦を勝ち抜いている。でもその相手が猫の姿をした「猫玉」って・・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幽遊白書【106】「戦う親子!黄泉と修羅」 Poyonのアニメ批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる