Poyonのアニメ批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽遊白書【101】「魔界盗賊・千年目の再会」

<<   作成日時 : 2010/01/13 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 幽助、飛影と来たので今話と次話は蔵馬主役。蔵馬は幽助と飛影よりも更に2か月も遅れて魔界入り。久々に蔵馬育ての親の詩織の声が聞ける。と言っても詩織は再婚して新婚旅行中で旅行に行く直前の詩織と蔵馬は電話で会話。魔界と人間界って電波は繋がるんですね。詩織の結婚式の様子も回想シーンで描かれていて何気に桑原も参列していました。黄泉の居住区は「魔界都市」。雷禅や躯と違って何だかセレブっぽい。
 躯と黄泉で戦争をすると先に仕掛けるのは黄泉っぽい感じが伝わる。黄泉は失明しているのだが”座頭市”の如く血圧などで相手がどんな目をしていてどんな気持ちなのか全て分かっているので大して見えているのと変わらない。まぁそうじゃないと国王なんて務まらないだろうけど。
 各国国王のNo.2の戦力は国王の右腕にも満たない所を蔵馬は指摘。どうやら蔵馬は幽助、飛影、そして自分がNo.2に成る事を予測している。黄泉のNo.2の鯱の前でも堂々と戦力不足である事を言うもんだから鯱には殺意が芽生えてましたが。
 黄泉は千年前蔵馬(妖狐)率いる盗賊の副将だったそうだが、徐々に蔵馬の命令に背いて勝手な行動が目立つようになったらしく、自分から光を奪った魔物を未だに生き地獄で監禁している。黄泉は蔵馬に恨みはないと言っていたが、その割には蔵馬を脅迫して参謀に引き入れるなど根に持っている事が凄い伝わる。もうNo.2がどうこうの問題ではない。でも千年前は黄泉にも非がある訳だけど。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幽遊白書【101】「魔界盗賊・千年目の再会」 Poyonのアニメ批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる