Poyonのアニメ批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽遊白書【102】「妖狐変化!忍び寄る殺意」

<<   作成日時 : 2010/01/14 16:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 蔵馬は黄泉に助っ人として10万以上の妖力を持つ者の約束を黄泉として修行中の助っ人の様子をみるべく人間界にひとまず帰還。ってそんなに簡単に人間界へ帰れるモノなのか!?。しかも人間界ではちゃんと高校に通っている。でも成績は若干落ちたようで今では海藤に負けている(それでも学内成績2位なんだけど)。蔵馬は何時か飛影や幽助と一戦交える事を既に覚悟している。幻海とコエンマの下では霊界にばれないように蔵馬が招聘した助っ人が鍛錬中。その助っ人こそ暗黒武術会で幽助チームと一戦を交えた鈴駒、酎、陣、凍矢、鈴木(美しい魔闘家)、死々若丸の6人。死々若丸だけ未だ幽助の事を心地好く思っていないけど、死々若丸が対峙したのって桑原と幻海であって幽助とは戦ってないんだけどな・・・。でも全員既に妖力は5万を超えていてA級上位級。ここ以上になると霊界に感づかれるらしい。鈴駒は魔妖妖(デビルヨーヨー)を両手以外に両足からも出せるまでに成長している。そして死々若丸の修行中の姿は凄く小さい。幽助の事は若干憎んでいるようだが、何故か蔵馬や幻海の言う事はちゃっかり守って言う通りにしている。
 妖力が高いので皆妖気だけで滑空出来るほどに(陣は元々出来てるけど)。そして約束通り10万以上にまで鍛え上げて黄泉の所に連れて来ている。これによって蔵馬は黄泉の直属参謀に正式に昇格。逆に今までNo.2だった鯱は一気に用なしになり、鯱は蔵馬にお咎め覚悟の勝負を挑む。蔵馬時は8000ほどの妖力でも、妖狐になれば15万以上の妖力に一瞬で変わる蔵馬は妖狐で鯱を一瞬にして撃退。何処の国でも今までのNo.2はこの緊迫した戦争前の状態でも何もしないで来たらしく国王にとっては大して頼れる存在ではなかったらしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幽遊白書【102】「妖狐変化!忍び寄る殺意」 Poyonのアニメ批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる