アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Poyonのアニメ批評
ブログ紹介
旧作アニメの批評です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブログ変更
一括設定が非常に面倒臭い仕様故にブログを変更します。新しいブログは下記のアドレス先です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 08:25
銀魂【2】「てめーらァァァ!それでも銀魂ついてんのかァァァ!(後編)」
銀魂【2】「てめーらァァァ!それでも銀魂ついてんのかァァァ!(後編)」  後編と言うより「後半」と言った方が良いかも知れないが。江戸の街では廃刀令が施行されているので無断で刀の持ち込みは禁止らしい。ちなみに銀時は木刀を持っていて、真撰組は勿論刀持参。警察組織ではあるが銃は持たない。その分腕の良い人が揃っている訳だが。1度は万屋の下を諦めて去るカトケンだったが、銀時の説得で帰って来る。  ちなみに神楽は新八の家にお邪魔に。勝手に米をおひつ毎食べて新八に何でいるのかと突っ込まれてましたが。「去る者は追わず、来る者はほっとく!」が神楽流(笑)。ここで新八の姉・お妙が登場... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/04/11 15:10
銀魂【1】「てめーらァァァ!!それでも銀魂ついてんのかァァァ!(前編)」
 画像はありません。いきなり武士に追われる銀時。初登場のキャラにはナレーションが紹介してくれるのだが、銀時紹介時に「主人公・・・みたいな人」と言ったのには笑った。同じく追われる新八、そして追い詰めた武士をペットの定春ではねる神楽。武士の方は3人が密偵だと勘違いして追っていたので入ってはいけない場所に銀時達が入り込んだのだろう。でも実は単に黒猫を捜して欲しい依頼を受けて捜していただけ・・・。  そしてその裏では天人(アマンド)のカリヤ達が江戸の掌握を企んでいて、天人を捕らえるべく屋敷に侵入する真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/09 11:00
幽遊白書【終】「フォーエバー!幽遊白書」
幽遊白書【終】「フォーエバー!幽遊白書」  久々の更新。魔界王座統一戦が終わって久々に人間界へ話は戻る。桑原は蔵馬と共に居るのだが、桑原の同級生の女の子にニューハーフや女と間違われる蔵馬が面白い。静流や螢子も髪を伸ばしイメチェンして久々の登場。向かった幻海の寺では、幻海は勿論雪菜、ぼたん、コエンマ・・・とレギュラー陣大集合。でも飛影は魔界に居るので出番はほんの少しだけど。  魔界には自由に行き来出来るようになったのだが、優勝した煙鬼の提案で人間界と魔界には思想協定が締結されて魔界の人間が自由に人間界で悪さできないようになっている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 16:34
幽遊白書【111】「決着!激闘の果てに」
幽遊白書【111】「決着!激闘の果てに」  相変わらず凄まじい戦いを続ける黄泉と幽助。黄泉の反衝壁を破った妖気+霊気の混合弾は威力も桁違いだったようで競技場の一部が倒壊。最終的に2人で強力な格闘戦となり、最後には敗れた幽助。病院では1週間も眠っていたらしい。優勝者は雷禅の喧嘩仲間だった煙鬼。出番が殆どなかった者が優勝する自体この大会の強引さが窺える。煙鬼の3年間の願いは「人間界に迷惑を掛けない事」。規則とかはこれから決めるらしいけど、蔵馬と幽助は人間界に帰る事になるが、飛影は魔界に留まる事に。しかし仙水戦の頃と違って本当に人間界と魔... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/07 16:39
幽遊白書【110】「俺の力・これが全てだ!」
幽遊白書【110】「俺の力・これが全てだ!」  幽助×黄泉戦の開始。何気に躯も棗と対峙。幽助と黄泉の強力妖気に他の2組も共鳴。でも黄泉は本当に盲目なのかと思うほど少し見えすぎ。解説のヨーダはもう居るだけの存在になってしまっている。  幽助はいきなり自分が何故戦っているのかの衝動に駆られて戦意喪失になるものの、雷禅の心の声で復帰。雷禅って死んだんじゃなかったっけ!?。  黄泉十八番の反衝壁で幽助の近距離からの霊丸(妖気弾?)を1度は弾き出すモノの、幽助は人間と魔族の混血だからこそ出来る妖気+霊気の混合弾で黄泉の反衝壁をも貫く。でも1日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 22:00
幽遊白書【109】「対決!飛影とムクロ」
幽遊白書【109】「対決!飛影とムクロ」  試合数が余りにも多くて観客にも次の対戦が誰と誰なのか分からない魔界統一戦。で、次が飛影×躯。躯が戦う所がこれが初めて。でもお互い本気を出さない。飛影も躯も過去に縛られているので躯の少し切ない少女時代の回想もある。腕に嵌った手枷だけは未だに取れないそうだが。そんな躯は”空間を斬る”力を持ち合わせる。  飛影が炎殺拳を操るのは周知の通りだが、飛影は”氷”河の国出身であるが故に対称的な”炎”の技は体力的に辛い事になるそうで、その為に炎殺拳使用後は眠たくなったりする。躯が本気を出すと流石は元国王... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/31 16:01
幽遊白書【108】「蔵馬、過去との決別」
幽遊白書【108】「蔵馬、過去との決別」  本戦は蔵馬×魔界整体師・時雨の戦いが始まる。時雨は円形の武器(一応名前あるけどややこしいので省略)で蔵馬を翻弄。飛影戦の時のように接近戦ではなく、今回は武器を投げての遠隔攻撃が殆どだった。この武器を投げている間に時雨の懐に飛び込めば隙が生まれるのではとは思うが、妖力を追う能力があるのか蔵馬の後を追っている。  蔵馬は寸での所で妖狐に変化するモノの、今まで自分を偽って生きてきた過去への決別の為に自らの意志で妖狐を止めて元の姿に。妖狐は怒りなどで変化するそうだが、どっちみち変化する際の基準が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/26 15:00
幽遊白書【107】「激闘!夢に賭けた男たち」
幽遊白書【107】「激闘!夢に賭けた男たち」  各ブロックで本戦の1回戦が開始。予選は結構迫力あったのに1回戦はいきなり適当感が漂う。1回戦で早くも鈴木、鈴駆、死々若丸、陣、凍矢・・・と幽助に勝つ為に修行してきた者が皆敗戦。皆妖気の桁違いや完全燃焼で敗れているので敗れて後悔している者も居ないから良いんだけど、雷禅の喧嘩仲間ばかりに勝たせるのは如何なものかと・・・。お陰で殆ど出番のない者ばかり勝っている。こう言う所に適当感。鈴駆は流石に恋しているので追い掛けていたけど。ちなみに凍矢と戦って勝った九浄は酎との戦いで勝利した棗の兄。まぁ暗黒武... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/24 13:30
幽遊白書【106】「戦う親子!黄泉と修羅」
幽遊白書【106】「戦う親子!黄泉と修羅」  唯一予選が終わっていないブロックで黄泉と修羅の親子決勝が始まる。でもやはり勝負は黄泉が圧倒的。修羅に負けを認めさせようとして黄泉が手を差し伸ばした瞬間修羅は反撃。最後まで諦めない精神を持つ。黄泉は本当に失明しているのかと疑いたいほどに修羅の動きを確実に読んでいる。修羅もスピードにかけては負けないんだけど。タフさは桑原並にあったり。  修羅の連続エネルギー波「魔円咬(マエンコウ)」も黄泉は反衝壁で修羅の妖力を吸い取ってしまう。黄泉は技が微妙に幻海に似ている。でも修羅は黄泉の小さい頃の戦い方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 11:04
幽遊白書【105】「魔界大戦!予選開始!」
幽遊白書【105】「魔界大戦!予選開始!」  魔界統一戦の組み合わせ抽選会には予想以上の妖怪が集合。余りにも人数が多くて国王石で作られたクジは中止され結局は普通のブロックごとの予選に。前半はコメディ色が強い。コエンマとぼたんも変装して会場入り。と言ってもコエンマはタキシード着ているだけだけど。人数が余りにも多いので49のブロックに分け、各ブロックの勝者1人だけが本戦へと出場できる仕組みに。幽助は一応主催者の1人なのに予選の仕組みなどが分かってなくて凍矢に突っ込まれていた。同じブロックになれば予選勝ち抜きの為に戦う事になるんだけど、見事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/19 16:06
幽遊白書【104】「意外な提案・魔界の変動」
幽遊白書【104】「意外な提案・魔界の変動」  黄泉の下へとやって来た幽助。黄泉は幽助と戦う気満々。何気に場外では陣や酎達、飛影と躯がどんな話かを興味津々に聴いている。幽助は国王代理になったものの、余り国王になる気はない。そんな幽助は国王石に名前を彫り(誰が?)それを抽選のクジ代わりにしたトーナメントを提案。魔界の各国の立場を捨て皆普通の人間に戻って闘い負けた者はその人の命令に何があっても従う・・・。国の法律に縛られたくない幽助らしい提案。勿論これに蔵馬や陣たち、飛影と躯が乗る。でも未だに魔界征服を企む黄泉は戦える相手は躯ぐらいだと踏ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 15:34
幽遊白書【103】「父の遺言・遠い日の想い」
幽遊白書【103】「父の遺言・遠い日の想い」  何の描写もなく幽助達が魔界に来て1年が経過している。幽助は修行の成果で北神達には勝てるまでに成長。各々の弱点や癖を見抜くまで余裕が出ている。そんな幽助は雷禅に成長の成果を見せに行くも雷禅は余りにも空腹で狂乱。素に戻った雷禅はようやく幽助に食人を止めた理由を明かす。簡単に言えば「恋した女性の為」らしい。でも魔族ではないので早く死んでしまったそうだけど、別に人を食すのを止める事をその人と約束した訳ではなく、雷禅自身が勝手に自分で決めている。前半はずっと雷禅の4000年ほど前の回想でした。そんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 14:39
幽遊白書【102】「妖狐変化!忍び寄る殺意」
幽遊白書【102】「妖狐変化!忍び寄る殺意」  蔵馬は黄泉に助っ人として10万以上の妖力を持つ者の約束を黄泉として修行中の助っ人の様子をみるべく人間界にひとまず帰還。ってそんなに簡単に人間界へ帰れるモノなのか!?。しかも人間界ではちゃんと高校に通っている。でも成績は若干落ちたようで今では海藤に負けている(それでも学内成績2位なんだけど)。蔵馬は何時か飛影や幽助と一戦交える事を既に覚悟している。幻海とコエンマの下では霊界にばれないように蔵馬が招聘した助っ人が鍛錬中。その助っ人こそ暗黒武術会で幽助チームと一戦を交えた鈴駒、酎、陣、凍矢、鈴木... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/14 16:35
幽遊白書【101】「魔界盗賊・千年目の再会」
幽遊白書【101】「魔界盗賊・千年目の再会」  幽助、飛影と来たので今話と次話は蔵馬主役。蔵馬は幽助と飛影よりも更に2か月も遅れて魔界入り。久々に蔵馬育ての親の詩織の声が聞ける。と言っても詩織は再婚して新婚旅行中で旅行に行く直前の詩織と蔵馬は電話で会話。魔界と人間界って電波は繋がるんですね。詩織の結婚式の様子も回想シーンで描かれていて何気に桑原も参列していました。黄泉の居住区は「魔界都市」。雷禅や躯と違って何だかセレブっぽい。  躯と黄泉で戦争をすると先に仕掛けるのは黄泉っぽい感じが伝わる。黄泉は失明しているのだが”座頭市”の如く血圧... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 17:06
幽遊白書【100】「明かされる邪眼の秘密」
幽遊白書【100】「明かされる邪眼の秘密」  今回は飛影だけが登場の回。時雨との決戦前に回想として飛影の過去が詳細に描かれる。氷泪石と氷河の国を探す為に邪眼を施した事とか、時雨には邪眼の他に剣術も習っている。つまり飛影にしてみれば時雨は師匠的な存在。でも弟子は何時かは師匠を越える。飛影の名付け親はたまたま自分を拾った盗賊。氷河の国には1度見つけ出して行ってみたそうだが、復讐心はなくなっていてもう氷女を見ても何も思わなくなったらしい。氷の国とは別に邪眼で妹の雪菜を探す為に人間界へ上陸した飛影が1番最初に人間界で戦ったのが人間に化けていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/12 21:54
幽遊白書【99】「忘れ得ぬ記憶・誕生の時」
幽遊白書【99】「忘れ得ぬ記憶・誕生の時」  今回は飛影主演の回。その為幽助は前半に修行シーンで出て来るのみで蔵馬は出番なし。でも知らぬ内に飛影は魔界に来ていてしかも既に半年が経過している。展開が早い。ムクロの居住場所の外見が何だかゴキブリっぽい。  飛影の夢として彼の過去が明かされる。氷の国で男の子が産まれるのは災いの元らしく、赤子のまま崖下に落とされた飛影は既に耳が聞こえる状態だった為に大きくなったら自分を捨てる指示を出した女性達への復讐を誓っている。A級妖怪250人の出迎えをあっさり撃退する飛影。躯は既に飛影の強さには気付いて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 16:24
幽遊白書【98】「魔界へ!父との対面」
幽遊白書【98】「魔界へ!父との対面」  魔界へ行く事を決めた幽助。最後の別れの為に主要人物達が皆幻海の修行寺に集合。ぼたんも雪菜まで居て何だか久々。でも螢子にはもう別れを言っているので肝心の螢子は居ないんだけど。その場には飛影と蔵馬も来ていて彼らよりも一足先に幽助は魔界へ行く事になる。魔界と言うと凄い怖くて恐ろしいイメージがあるが、雪菜も魔界出身。そう言う意味では人間界と同じで全てが怖く恐ろしい訳ではないのだろう。  飛影・蔵馬・幽助は皆魔族なので閻魔が魔界3大国王の依頼を受け入れ3人を魔界に閉じ込める事に承諾したらしい。それ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 14:54
幽遊白書【97】「別れ!それぞれの旅立ち」
幽遊白書【97】「別れ!それぞれの旅立ち」  黒呼にもやはり霊界から幽助抹殺指令が下りていたようだけど、既に霊界探偵を引退している黒呼はその依頼を拒絶。別に拒絶しても罰則などは何もないんですね。それでも黒呼は魔族の幽助に恐ろしさを感じ取っていた。  雷禅以外の三大国王の名前と姿も判明。蔵馬には黄泉(ヨミ)から、飛影には躯(ムクロ)から魔界へ来て欲しいというタイミングの良すぎる言霊が届く。雷禅が命の底に付いているので、雷禅が死んだらお互いの国を攻めようと黄泉とムクロは一触即発状態。魔界戦争のカウントダウンか!?。  姉の静流に人生の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 16:34
幽遊白書【96】「闇の訪問者・深まる謎」
幽遊白書【96】「闇の訪問者・深まる謎」  幽助の居る黒呼の家に訪ねて来た魔界の使者西帝・東王・北神。北神はS級妖怪で他の2人はA級妖怪。霊界はS級とA級の妖怪を人間界に入れまいと結界を張って侵入できないようにしているのだが、B級以下は普通に人間界と出入り出来る欠点がある。ならばS級やA級妖怪でも妖力をB級以下に落とせば平然と人間界に入れるのである。流石に頭が良い。  ただ魔界にも掟があってS級とA級は早々簡単に人間界には行けない事になっているらしい。その理由が3名のS級以上の強さを持つ妖怪の君臨。その1人が幽助の父親で北神達の国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 15:29

続きを見る

トップへ

月別リンク

Poyonのアニメ批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる